オール電化とガスはどちらのほうがいい?メリット・デメリットを教えます

家を建てる際にはオール電化にするのか、ガスを使用するようにするのかを決めることも大切です。
オール電化の場合は基本的にガスを使用しないため、IHクッキングヒーターで調理をすることになります。
IHクッキングヒーターでは、電気エネルギーを熱エネルギーに変換して調理できるようになっています。
火を使わないので火事になってしまうリスクが低いという利点があります。
ただし、純粋な火力に関してはガスの方に分があるケースが多く、慣れないうちは火力が思うように出せないことも起こり得ます。
実際に体験してみないと分からない部分もあるので、ショールームなどに行って試してみると良いかもしれません。

オール電化とガスのどちらがエネルギーコストの面で有利かについては、さまざまな意見があります。
そもそも電気料金やガス料金は契約をしているそれぞれの会社によって異なるため、どちらがお得とも言えないという事情があります。
また、太陽光発電などを行うことでエネルギーコストを下げることも可能になります。
最近ではオール電化の設備を整えることのコストは大きく下がっています。
それゆえに初期コストはそれほどかかりません。
ところが、全てのエネルギーを電気から得るということでかかるランニングコストは決して侮れないとも言えます。
特に何度もお湯を沸かすという場合には注意が必要です。
とはいうものの、火事になるリスクが低いというメリットは大きく、デメリットをカバーできているという意見もあります。
電気代のデメリットをどこまで補えるかがポイントになります。

ガスのデメリットとしては、空気中にガスが漏れ出してしまう恐れがあります。
ガスには臭いがついているとはいえ、ガス漏れに気付かずさまざまな問題を起こしてしまう事例は、いたる地域で発生しています。
そのリスクを背負わなくてもいいことはオール電化の大きなメリットと言えるでしょう。
ただし、空気中にガスを漏らしてしまう心配がないという場合は、あえてオール電化にしなくて良いと言える可能性もあります。
これらのエネルギーは既に自由化がなされており、どちらも自分の任意の会社と契約できるようになっています。
その点を踏まえてお得な基本料金プランを用意してくれているところと契約を結ぶことも有効です。
初期費用と基本料金の両方が重要な要素です。
また、初期コスト以外にもメリットとデメリットが明白に存在するので、導入を検討する際には比較することも重要と言えるでしょう。
もちろん、そこに住む方全員で決めることが大切です。